「福島区 木酢鶏天然黒石焼 讃」 3匹の豚さんのアーチをくぐると♪ - スポンサー広告北区

KENの思い立ったが吉日♪

食べたいと思った時、行きたいと思った時が吉日♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「福島区 木酢鶏天然黒石焼 讃」 3匹の豚さんのアーチをくぐると♪ 

店内3



大阪市北区大淀南にある 『木酢鶏天然黒石焼 讃』 で昼ご飯♪

福島駅方面~十三バイパスに 向う時に

いっつも

外観2

この うどんの旗が気になっててんな~

まこと屋は ラーメン屋やし

お店は どこやろ?? ってな感じやってん


この日 13時過ぎに

この前を通ったから

ちょいと 探検してみよか^^

外観3

パッと見たところ 店が見当たらんな・・・


ほな 豚さんのアーチから中に潜入~


豚のアーチを抜けると

そこは・・・

外観

讃 だった


ここか~

そらぁ 外から見てても見つからんはずやわ^^

ほな 突撃でっせぇ~♪

入口

ほい 店内には靴を脱いで入ってちょw

訪問の際には 靴下チェックが要りまっせぇ~(汗)

KEN吉は・・・ セ~フw

店内

掘りごたつ式の席に座り

まずは メニューを

メニュー

訪問時間が遅かったから 

昼限定の定食は すでに売り切れ

メニュー2

こんな 変わったメニューも^^


そんな中から 今回注文したのは

セット

おろしカツ定食 850円

初訪問やから 麺は冷たいぶっかけをチョイス♪


ほな いただきマンモス♪(古っw)

ぶっかけ

まずは ぶっかけから

麺

麺2

麺は 伸びは少なめで

もっちり感も やや弱め

KEN吉には ちと物足りん印象かな~

おろしカツ

次は おろしののったカツ丼

ボリュームもありそうやな^^

カツ

カツ丼 カツ丼~♪

テンション アゲアゲパクパク~!!


ありゃ!? エラい あっさりしたカツやな~

って 思ったら


これ 鶏肉やんか!!(笑)

メニュー3

メニューを よ~見たら

木酢鶏のカツ って書いてあった。。。


あの人が 注文してたら

どないなってたやろ・・・(想像中。。。w)


そういや 店名にも

木酢鶏 って入ってるわな^^


もちろん 鶏ラーのKEN吉は

ウマウマにて

完食

完食~♪


ま~ 最初に

カツ丼やと思って食べたら

やや パンチ不足な感はあるけど

おろしものってて あっさり食べれる丼やんか^^

コーヒー

13時30分以降には コーヒーのサービス付き

水2

水

沖縄珊瑚の ミネラル分たっぷりの水も

無料で くれまっせぇ~♪

どうも ごちそうさまでした~♪

店内2

どっかで 見たことある様なw

外観4


今日の吉日度  小吉

『木酢鶏天然黒石焼 讃』  
大阪市北区大淀南2-1-14
営業時間 11:00~15:00 17:00~24:00(L.O.23:00) 祝日の夜 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 日曜日
ホームページ 無し
駐車場 無し(近隣コインパーキング有り)



スポンサーサイト

Comment

Name - 麺探偵  

Title - 

あの人ですw
私なら、おろしカツでチキンが出てきたら、暴れそうですわ(笑)
って、ここ、オール鶏のお店やんか。

「讃岐御膳」の「讃岐」はどういう意味かな。
謎が多いお店ですなあ。
2015.03.29 Sun 23:25
Edit | Reply |  

Name - よっぱらいねこ  

Title - 

謎と言えば、
お店の名前の漢字からして読めませんでした。
しかも雪国調の出だし、
文学作品ですねぇ。
2015.03.30 Mon 08:07
Edit | Reply |  

Name - KEN吉  

Title - Re: タイトルなし

> 麺探偵さん

コメントありがとうございます。

そそっ オール鶏の店です(笑)
カツ丼食べて、メニュー見直すまで気付かんかったですわ~
屋号の讃が、讃岐の讃やからちゃいますか?
麺は讃岐うどんみたいなんで
2015.03.30 Mon 16:05
Edit | Reply |  

Name - KEN吉  

Title - Re: タイトルなし

> よっぱらいねこさん

コメントありがとうございます。

木酢鶏って鶏が居るなんて、今回初めて知りましたよ

雪国に気付いてくれるとはウレシイですね~
さすがは博学なねこさんで^^
2015.03.30 Mon 16:11
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。